Tsuki詳細

Tsuki


私は実家が祖父母の代から続く床屋だったので、小さい頃から両親の背中を見て育ち、
自然と理容師になるのが夢になっていました。

高校を卒業し、県内のBarberで修行をしながら、通信教育で理容師免許をとることになりました。はやく免許を取り、スタイリストになってお店のために働きたい!というのが目標でした。

3年のアシスタント時代は覚えることや練習することがたくさんあってとても大変でしたが、がんばってよかったな、と思うことが沢山あります。
4年目からは、目標だった念願のスタイリストになり、お客様の髪を切ることに喜びを感じる一方、「これから私はどうしたいのか」が分からなくなる時期がありました。

ちょうどその頃、たまたまアメリカへの旅行中、カリフォルニアのBarberで髪を切る体験ができました。海外への興味は高校時代のロンドンへの2週間の短期留学をきっかけに、度々色々な国へ旅行をしていました。

カリフォルニアでのBarberの体験はロケーションも人も気候も最高で、
「ここで働きたい!挑戦してみたい!」という気持ちが大きくなりました。

カリフォルニアのBarberで働くためには、アメリカバーバーライセンスを獲得しないと働けないため、その先の進路に非常に迷いました。(なぜなら英語なんて高校生の時以来勉強してないし、ましてや高校生の時にお世辞でも英語ができる人ではなかったからです。)

しかし、私が遂に見つけた心躍る夢を諦めきれず、アメリカバーバーライセンスの取得を決意し現在、日本で理容師として働く傍ら、アメリカバーバーライセンス取得に取り組んでいます。

元々人のために何かをすることは好きだったのでカッコいいヘアスタイルをつくるのはもちろんですが、お店に来てリラックスしてもらい、非現実を味わってもらいたいという気持ちで仕事をしています。

髪を切ってお客様に喜んでもらえて、次の来店を楽しみにしてもらえるスタイリスト+自分も楽しい時間を過ごせるこの仕事をアメリカでも出来ればいいな、と思っています。

どうぞこれからよろしくお願いします。