海外生活

アメリカルームシェアについて

どーもYuです!

今回お話しする内容はルームシェア!
聞くとなんだか楽しそうじゃないですか?毎日仲の良い友達とバカやって遊んで過ごす的な。

実際はあんまりそんな感じはなかったです(笑)

アメリカでは、日本と違いルームシェアをするのは当たり前。基本freshmanと呼ばれる新大学1年生は寮に住んで1部屋を2人でシェアします。

新しい友達を作り勉学を共にする事で退学率を少しでも減らす対策だと友達が話していましたが実際はビジネス要素が抜けないとも言っていました笑

私は共有のリビングルームに1人1部屋ずつの4人部屋に住んでいました。

2人でトイレとシャワールームをシェアするスタイルでした。

実際はベトナム人と中国人の計3人でしたが、なかなか日本ではできない経験だなと思います。

そこで私が半年間住んで感じたメリットとデメリットをシェアできたらなと思います。

・ご飯を一人で食べなくても良い
・何か困ったことや必要なものがあれば共有できる
・友達が簡単にできる

・何かしら気を使っている感覚がある
・トイレやシャワーを使いたい時に使えない
・ルームメイトの騒音が気になる時がある

私の場合、友達が誰も居ない所に来たので最初のルームメイトは結構、神頼み的な感じがありました笑

しかし、最終的には性格や生活リズムが合うか合わないかの判断になってきます。

私は、前のルームメイトとはあまり仲良くなることができなかったので、半年間居る間に仲良くなった友達と新しくルームシェアをする事になりましたが、もしルームメイトが合わなかったらそのような方向にシフト転換していくと良いと思います!

初めから最高のルームメイトに出会えることがあれば、運がいいなと思ってください!

ルームシェアをする時は参考にしてくれると嬉しいです。

それでは、See you soon👋