海外生活

カリフォルニアでの地球に優しい暮らし

こんにちは、Tsukiです

今回はアメリカの環境や動物に対する考え方について紹介します。

 

ロサンゼルスは健康志向でヘルシーなライフスタイルを追求している人が多い街で

ロサンゼルスからヘルストレンドが生まれている! といってもいいくらいな気がします。

街に出ても、走っている人や犬の散歩をしている人をよく見かけ、

健康的でスタイルのいい人が多い気がします。

 

100%オーガニックのスーパーがあったり

https://instagram.com/lassens?utm_medium=copy_link

 

ゼロウェイストと言って ゴミを出さない商品が売っているお店や活動が多くあったり

https://www.instagram.com/zerowastestore/

 

 

犬や猫などのペットをペットショップから買わない、という方針があったり

https://www.instagram.com/annenbergpetspace/

 

地球や生き物にやさしい考えの人が多く感じます。

 

特に、アメリカではブリーダー(ペットの交配)反対や犬猫を販売するペットショップ撲滅の動きが盛んで、

アメリカにもこのようなお店はまだ存在すると思いますが、

日本のような血統書付きの犬や猫を販売しているペットショップはほとんどないそうです。

 

35年ほど前に比べると20分の1に減って殺処分の数は年々減少傾向にあるそうで、

ペットを飼っている多くの人が保護犬を家族に迎えるという選択をしています。

それほどアメリカではまずはシェルターを訪ねて、ペットの命を守ろうという意識が高いと感じます。

 

私もカリフォルニアにあるシェルターのインスタグラムをフォローしています。

保護した犬や猫の様子や病気が治っていく過程を見ることが出来、いつか私もここから猫や犬をもらって家族にしたいなーと思っています。

 

私もゴミをなるべく出さない生活、動物にも優しい生活をアメリカで出来たらいいな、と思っています。

それではまた